適度ならワキガはフェロモンである

適度ならワキガはフェロモンであるって知っていましたか。

 

美人でスタイルも良く、性格も合う。
そんな女性と大人の関係になった時に初めて分かるくらいの微妙なワキガ臭。
もちろん、そういう関係になる以前に食事をしたりデートをしたりという時にでも、ふと「あれ?もしかして」と思うことが無かったわけではないですが、実際ベッドインすると、その「もしかして」が「やっぱり」と確信に変わる瞬間が来ます。

 

普通の男性なら、それに嫌悪を感じる方もいらっしゃるのでしょうが、私の場合そうなって初めて確信が持てるくらいのワキガの女性に対しては嫌悪よりもむしろ更なる興奮を覚えてしまいます。
まして、その女性が前述の様に美人でスタイル抜群となれば興奮の度合いも更に倍増です。
変わった性癖なのかもしれませんが、そもそも腋臭というものは本来、このように異性を惹きつける為のフェロモンの役割を果たしているものだと言うことを聞いたことがあります。
全ての男性がそうだとは言いませんし、適度なワキガと言ってもその適度の度合いは人によって異なるでしょうが、少なくとも私にとっては性的興奮を煽るフェロモンとしての魅力を感じてしまいます。